Week1/Term4 初めて授業してみた!

ああああ

 

【Week1 / Term2】

Term2一週目が終わりました。一週間の様子は以下の通りです。

10/9

10/10

10/11

10/12

10/13

White Sunday

Meeting

Year5

Year5

Year1(Meeting)

 

まず、5日のうち授業が行われたのはたったの2日間でした。せっかく子どもたちも先生も気持ちを切り替えるきっかけが新学期のはじめなのに。始まりがこのような状況だと、この先も心配になってきます。

 

というのも、サモアの学校ではこれが普通なんです。サモアの学校は、祝日を除く月~金の8時半から14時まで。この間はすべて授業時間です。それと同時に先生たちの就業時間もこの時間帯となっています。この時間外は日本でいえば「残業」サモアでは残業はありえません!!だから、授業準備も職員会議も学期はじめ・おわりの話し合いもぜーんぶ授業時間内に入ってくるのです。

 

子どものことや、カリキュラム、年間スケジュールを考えたら授業そっちのけで会議なんてしてられないって日本人であったら思いますが、ここはサモア。そんなことは誰も気にしません。新学期そうそう驚きの光景が待ち受けていました!!

 

 

そして ~今学期から授業を始めてます~

担当クラスはYear5。日本でいう小学4年生の学年。教科は算数と理科、それと英語も。

 

授業を行った感想は・・?ボロボロです。本当にひどい。何度も失敗します。初回の授業なんて、もう授業といえないかもしれません。落ち込みもしました・・・(今はもう前向きにとらえています笑)

 

その要因として、言葉の壁はもちろんのこと、今まで行ってきた学習背景や先生の教え方の違い・・その他いろいろ挙げられると思います。日本の授業は通用しないです。

 

子どもたちには自ら考えて問題解決してほしいのですが、それができません。

先生の板書をそのままコピー、友達の回答をコピー、間違った発言をすると体罰、宿題は親がやってきて終わり・・・

 

問題は山積みかなと、頭を悩まされることも。けど、その反対に、日本にかけているサモアのよいところもあって、子供たちの元気のよさとか、積極的な自己開示とか

ああああ