Term3 ~言葉の壁~

 

観察でおわったターム3。

最初だから、何もできなくて当然だけど、本当になにもできなくて、

自分がいる意味とか先生たちの期待もプレッシャーに感じちゃってました。

 

特に、ターム3では行事ごとが多く、その度に先生たちの豪勢な食事会への参加や、先生たちに交じって表彰をうけたり・・本来なら、とても喜ばしいことですが、きて3週間の私は、本当にまだ何にもしてなかったので、余計に申し訳ない気持ちに・・。その分、絶対なにか形にして恩返しをしなきゃ!と強く心に思う場面が多くあった日々でした。

 

 

3週間の観察をして・・・

3週間、とにかくいろいろなクラスに交わらせていただいたので、クラスや授業のようすはもちろん、先生たちのことを何より知れたかなと思います。Ywar1-8まで学年があるので、今後は学校側の要望と、自分で見た3週間の観察の様子から、どのクラスに入るのがよいか検討をして活動を進めていきます。

 

 

「 言葉の壁 」だけども・・・

活動に際し、これまでは言葉の壁ってそこまで気にすることないのかなって前向きにとらえていましたが、3週間学校で活動をしてみてかなり言葉の壁を多く感じる場面がありました。

 

先生たちの会議、授業の内容、教員の生活指導方法、児童の主張や思い、板書の内容・・・

 

もう何から何まで本当にすべてわからなくて、こんなわからないまま何かをやって、教えてって、いざやってみても本当にうまくいきません。これだけは悔しいばかりで、「なんで先生はこんなにも児童のことを怒っているのだろう?」「子供たちは今どんなきもちなのかな?」ってそれぞれのやり取りや気持ちを読み取ることがなかなかできないことをもどかしく思っています。

 

それでも、やっぱり子どもがかわいいです!すごく可愛い!!だから自分は、ファレウラの子どもたちのために一生懸命に働きたい。子どもたちのなにか力になりたいなあって強く思いました。自分に対しての課題も学校の課題も国への課題もたくさんありますが、一つづつゆっくりでいいから取り組んでいきたいと思います。