きっかけ2

こんにちは

 

「ブログの記事について」

なるべく細かく1つのことについて書きたいなと思ったので、

今日は応募の細かな動機について書きます

 

ここまで、自分のことを赤裸々にすることはなかなかないので、

なんだか少し恥ずかしい・・・(笑)

 

f:id:nics3s2:20170704080159j:image

 

前回応募を決めたきっかけについて書きましたが、その詳細について

 

 

もともと、大学には小学校教諭になりたくて入学しました

だから、3年生の秋に本格的に教員採用試験に向けた勉強をみんなが始めるような雰囲気があって、私の当たり前のようにそれに混じって勉強を始めていました

 

でも内心、悩むこともあって

一般企業も経験したい気持ちがあったり、

本当にこのままの自分で先生になれるのかという不安があったり、

自分の今後の人生設計考えるときに教師になるタイミングというのでも悩んでいました

 

そのような中でも、時間はどんどん進んでいき、3年生の3月

ついに就活までもが解禁し、一般企業希望の子たちもどんどん就活を進めていました

 

そのころの自分は、卒業後すぐに小学校教諭になることはやめる決断をしました。

 

なぜなら、

・今の自分では先生の仕事は務まらない ・・・ もっと経験と自信が欲しい

・一般の企業でも働いてみたい ・・・ 新卒有利!

・先生は既卒とか新卒とか関係ない・・・先に企業の方を経験しておこう

 

このように教員と企業で働くことで悩んでおり、

教員採用試験の勉強もイマイチ気持ちが入らないこともあったからです

 

3年3月になってようやく

「一般企業の営業職」にむけて就活をスタートさせました!

周りと比べると少々遅いスタートです・・・

合同説明会や選考3月後半からびっしりスケジュールでした

 

 

ようやく、進路を決め行動を始めたのですが、またもや新たな悩みが。

 

「一般企業職って教員とやることが違い過ぎる!!!」

 

イメージはしていましたが、改めて説明会や選考会で業務内容を聞くと、

教員とは全く異なる業務内容で、そこに不安を感じながら就活をすすめていました

 

 

 

そのようなさなか

卒論のことである研究室を訪れた とき

 

出会いました 「青年海外協力隊

 

 

卒論の相談を終え、たわいもない話がはじまり上記にあるような近況を話したとき、

先生が一連の話を聞いて 一言

 

「  協力隊なんてどう? 」

 

それがはじまりでした

 

 

協力隊なら・・・

・小学校で働ける

・経験になる!しかもなかなかない経験!

・英語も勉強できる

・大好きな海外に行ける

・なおかつ、人のためになれるかもしれない?!

 

自分にピッタリすぎるくらい 協力隊の仕事は、はまった瞬間でした!

 

そこからは、締め切りまで時間がなかったということもあって、協力隊になるための道を駆け抜けたように思います

 

 

それまで、先生ともあまり話したこともなく、たまたま卒論に関係ある方ということで声をかけさせていただいたのですが、

 

まさかこのような人生を決めるキーパーソンになるとは、、、

 

 

本当にご縁というか〜〜

人生なにがあるか分からないなと思いました

 

 

 

始めは小学校教諭を目指すことから、

次は就活をして、一般企業の営業職を目指し、

最終的には、協力隊員を目指すという

 

回りに回ってですが、

やーっと 自分のやりたいことが見つかって、

 

今とても楽しいです!ワクワクしてます

 

 

もちろん、出発前

不安になることも多いですが、

 

とにかく2年間思い切り

努力して形を残して笑って泣いて全力で楽しむしかありません!!

 

 

今から、とても楽しみです♩