きっかけ

こんにちは

 

初めてブログを書いているので、ブログの情報をいくつか集めているのですが、

まずは、毎日記事を書いてみることが1番らしいです

 

全然書いていなかったーー!

 

小さなことでもいいから毎日書いてみます

 

ただ、最近知った サモアの新事実

「ネット環境があまりよろしくない」

 

サモアに行ったら、毎日更新は難しいのかな?

でも、サモアのことを発信するって なかなか多くの人ができないことだと

思うので、とりあえずは 頑張って みます

 

f:id:nics3s2:20170703082033j:image

 

 

今日は協力隊に応募したきっかけについて書きます

 

応募を決意したのは、かなり遅めで、

2016年の4月下旬のこと

2016年の春募集の応募締め切りが5月上旬だったことを考えると、

かなりギリギリでの決断でありました

 

 

1次試験対策 の時間はあまりなかったわけですが、

応募を決めてからは、毎日カリカリ応募書類と向き合っていたように思います

 

試験については、また改めて書こうかな~

 

 

本題 今日書きたいことは

「協力隊参加のきっかけ」について

 

まず、協力隊について本格的に知ったのは、

今から5年前の大学1年生の時でありました

 

 

 

もともと、ボランティアについて興味・関心があり、

サークル活動の一環で協力隊のOBの方の話を聞いたことが始まりです

 

OBの方の話を聞いた印象は、

「すごいなあ かっこいいなあ」

「でも、発展途上国の暮らしか・・・自分には無理だぁ」

 

赴任国のでの活動や暮らしの様子、日本に帰国してからの進路など、

いろいろ話を聞かせていただき、協力隊のことを知ることはできたのですが、

その時に持った印象は 極めてネガティブなものでした

 

活動自体はカッコいい仕事だと思ったのですが、自分に置き換えて考えたら「ムリだ。途上国へは行きたくない。」そう1番に思いました

 

 

 

 

それから、月日が経ち・・・3年後の 大学4年生の4月。今から約1年前ですね

当時の自分、大学卒業後の進路についてものすごく悩んでいました

 

小学校教諭? 一般企業 営業職?事務職?

 

就活期間中であり、教員採用の勉強を頑張っている仲間がいる中で、

悩みながらも焦る自分に入ってきたのが 3年越しの 「青年海外協力隊

 

新ためて、3年ぶりに協力隊について聞いたとき、

自分のやりたいことはこれだと思いました!!! 

 

まさに ビビビ!!!!(笑)

ってきました

 

f:id:nics3s2:20170703082130j:image

 

今思うと、自分のやりたかったことが「青年海外協力隊」に多く含まれていたため、すぐに話を聞いたとき、応募・試験対策まで至ったのだと思います

 

あのときの行動力の速さと言ったら今までにないくらいで、今でも不思議でならないです(笑)

 

 

そこから、1次試験2次試験と行い、無事に2016年の春募集で合格をいただき、今現在までに至ります

 

私は、大学卒業して社会人になることもあったので、

2016年の春募集で結果がダメであったら、協力隊は諦め普通に就職しようと考えていました

 

だからこそ、今こうやってサモアに行くことが目前な状態が夢みたいなようで仕方ありません

 

サモアにはまだ行っていませんが、春募集で無事に合格してよかったと心から思います

 

 

 

 

.